SSL証明書ガイド:最高のSSL証明書プロバイダー(認証局)からの比較と購入

今Google Chromeブラウザで HTTP暗号化を使用するすべてのWebサイトに「安全でない」というラベルを付ける, WebサイトにSSLをインストールしてHTTPSを実装することは、もはや選択肢ではありません。 SSLを使用していないサイトは、検索ランキングのラダーを下がる傾向があるため、まだ行っていない場合は、過去のことです。.


HTTPSへの切り替えをまだ行っておらず、さらに詳しく知りたい場合は、この記事が役立ちます。また、初めてのSSLユーザーが、10の一般的な認証局を比較して概要を理解するのにも役立ちます。.

SSLおよびSSL証明書とは?

Secured Socket Layer(SSL)は、2つのマシン(この場合、ブラウザーとサーバー)間のデータが暗号化された接続(HTTPS)で安全に送信されるようにするテクノロジーです。.

SSL証明書は、WebサイトのIDを確認するデジタル証明書です.

WebサイトにSSLを実装するには、SSL証明書プロバイダー(別名)からSSL証明書を取得する必要があります。認証局.

SSL接続の仕組み

次の図は、SSL接続を介してデータが転送される方法を示しています.

SSLの仕組みSSLの仕組み(出典: エクサバイト

  1. ユーザーがHTTPS Webサイトにアクセスする
  2. ユーザーのブラウザがサーバーに安全なSSL接続をリクエストする
  3. サーバーは有効なSSL証明書で応答します
  4. 安全な接続が確立されました
  5. データは暗号化されて転送されます

WebサイトにSSL接続があるかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

WebサイトでのSSL証明書の使用は通常、Webブラウザーの南京錠アイコンで示され、WebサイトのアドレスにはHTTPSが表示されます。場合によっては、緑色のアドレスバーが表示されます.

SSL証明書がブラウザーで認識されない(または特定のチェックに合格しない)場合、ブラウザーは訪問者に警告を表示します.

SSL証明書を購入する前に知っておくべきこと

SSL証明書を取得する方法

SSL証明書を保護し、WebサイトにHTTPSを実装する方法はいくつかあります。これらには、無料のものを使用することも含まれます 暗号化しましょう, を利用して Cloudflareの自動SSLカバレッジ, または要件に応じて購入することもできます.

SSL購入プロセスを円滑に進めるために、以下の準備をすることをお勧めします.

  • 固有のWebサイトIPアドレス
  • 証明書署名要求(CSR)
  • WHOISレコードの更新と修正
  • ビジネス/組織の検証ドキュメント

SSL証明書のタイプ

SSL証明書には、ドメイン検証済み(DV)、組織検証済み(OV)、拡張検証済み(EV)の3つのタイプがあります。.

ドメイン検証済み(DV)

  • 検証– DVは、申請者がドメインの登録者であることのみを検証します.
  • 実装時間 & コスト–数分から数時間かかります。料金は最小限です.
  • 価格帯–年間8ドルから.
  • 理想的な–小さなウェブサイトやブログに適しています.

組織検証済み(OV)

  • 検証– OVは、完全な会社名と住所の詳細を含むドメインの所有権を検証します.
  • 実装時間 & 費用–数日かかる場合があります。料金はDVより高い.
  • 価格帯–年間20ドルから.
  • 理想的な–組織や中規模企業に適しています.

拡張検証済み(EV)

  • 検証– EVは、アドレスバーを緑に変えるビジネスの広範な検証を必要とします.
  • 実装時間 & 費用–数週間かかる場合があります。 EVは最も高価なSSL証明書です.
  • 価格帯–年間70ドルから.
  • 理想的な–金融取引を行うウェブサイトに適しています.

検証のタイプにもかかわらず、すべての証明書は同じレベルのデータ暗号化を持っています。唯一の違いは、ウェブサイトの背後にあるビジネスのアイデンティティについての保証です。 SSL.comでさまざまなタイプのSSL証明書のコストと機能を比較できます.

さまざまなタイプの検証の例を次に示します.

ブラウザのSSL証明書の例 ConsumerReports.orgには、Organization Validated(OV)SSL検証があります。アドレスバーには「セキュア」と表示されます。ブラウザとWebサイト間の接続が暗号化されていることを訪問者に伝える.

拡張SSL検証 AmericanExpress.comはExtended Validated(EV)SSLを使用しています。 EV SSLを使用する企業は、事業体が合法であることを確認する広範な検証を行いました。一部のブラウザでは、会社名がアドレスバーに緑色で表示されます.

認定レベル:シングル、ワイルドカード、マルチドメイン

ワイルドカードと単一ドメインのSSL証明書ワイルドカードと単一ドメインSSL証明書の違い.

SSL証明書を購入する場合、保護するドメインの数を選択する必要があります.

認定には、シングル、ワイルドカード、マルチドメインの3つのレベルがあります。.

単一ドメインSSL証明書

  • 保護– 1つのドメイン名を保護します。 www.domain.com用に購入した証明書では、www.domain.com /のすべてのページを保護することしかできません
  • 理想的な–単一のウェブサイト、限られた数のウェブサイトを管理する中小企業に適しています.

ワイルドカードSSL証明書

  • 保護–単一のドメインとそのドメインのすべてのサブドメインを保護します。この証明書はwww.domain.comを保護し、blog.domain.com、help.domain.comなども保護します.
  • 理想的な–この証明書は追加されたサブドメインを自動的に保護するため、急成長しているビジネスに適しています.

マルチドメインSSL証明書

  • 保護–最大100のドメインを保護できます。マルチドメイン証明書は、domain-a.com、domain-1.com.sgなどの複数の異なるドメインを保護できます
  • 最適–エンティティが異なる大企業に適しています。単一の証明書を使用して管理および追跡を容易にする.

購入するSSL証明書プロバイダーのベスト10

WebサイトでSSL証明書を保護するために利用できる認証局(CA)はたくさんあります。以下にリストした10のプロバイダーは、ビジネスの実績と価格のために推奨する場所です.

1. SSL.com

SSL.com-購入に最適なSSL証明書プロバイダーSSL.comのホームページ– Webサイトには、ユーザーが適切なSSL / TLSを選択するのに役立つ使いやすいウィザードが用意されています(ここでお試しください).

SSL.comは最高評価の認証局です(BBBレーティングA +はこちら)2002年に設立されました。SSL/ TLSサーバー証明書、ドキュメント署名コード署名、S / MIME電子メール証明書など、幅広いデジタル証明書を提供しています.

SSL.comは256ビットSHA2 https AES暗号化、無料のサイトシール、24時間年中無休のサポート、証明書の有効期間中の無料の無制限の証明書の再発行など、業界をリードする機関としてユーザーに多数の機能を提供しています.

利点:

  • 基本SSLの自動検証
  • domain.comとwww.domain.comの両方を保護する
  • 無制限のサーバーライセンスと再発行
  • 最大200万ドルの証明書利用者保証
  • 証明書の発行から5分以内
  • キャリーオーバー時間は最大90日
  • 電話、チャット、メールによるサポートを利用できます
  • 30日間の返金保証

証明書の種類 & 価格:

  • 基本–年額36.75ドル
  • 高保証(OV)–年額$ 48.40
  • プレミアム(最大3つのサブドメイン)– $ 74.25 /年
  • 複数のドメイン–年額$ 141.60
  • ワイルドカード証明書–年額$ 224.25
  • エンタープライズEV –年額$ 239.50
  • エンタープライズEV(UCC / SAN)– 319.20ドル/年

2. Namecheap

Namecheap SSL-最高のSSL証明書プロバイダーNamecheap SSL

NameCheapはSSL証明書の全範囲を提供するため、要件や予算に関係なく何かを見つけることができます。標準ドメイン検証証明書(ポジティブSSL)は年間$ 8.88から始まりますが、年間最大$ 169のプレミアム証明書もあります.

利点:

  • 支払い不要の無料のSSL交換
  • 幅広いSSL証明書タイプ
  • Advance SHAアルゴリズム
  • 256ビット暗号化による堅牢なセキュリティ
  • 無料、無制限の再発行
  • DV証明書に必要な事務処理は不要
  • SSL製品の専門顧客サポート
  • 30日間の返金保証

証明書の種類 & 価格:

  • PositiveSSL(DV)–年額$ 7.88
  • Essential SSL(DV)– $ 16.88 /年
  • InstantSSL(OV)– 18.88ドル/年
  • PositiveSSL(DV)マルチドメイン–年額$ 19.88
  • InstantSSL Pro(OV)– 36.88ドル/年
  • PositiveSSL Wildcard(DV)– $ 54.88 /年
  • EssentialSSLワイルドカード(DV)– 72.88ドル/年
  • EV SSL(EV)–年額$ 69.88
  • PremiumSSL(OV)– 77.50ドル/年
  • マルチドメインSSL(OV)– $ 80.88 /年
  • ユニファイドコミュニケーション(OV)–年額$ 80.88
  • EVマルチドメイン(EV)– $ 142.99 /年
  • プレミアムワイルドカード(OV)–年額$ 167.50

3. SSLストア

SSLストアからSSL証明書を購入するユーザーは、TheSSLStoreでさまざまなSSL(およびその他のセキュリティ)製品を比較および購入できます。.

SSLストアは2009年に設立されました。同社は最大級の認証局(CA)と提携し、幅広いWebサイトセキュリティソリューションを提供しています。 SSLストアのパートナーリストに含まれるCAには、Symantec、RapidSSL、Thawte、Sectigo(Comodo)、およびGeoTrustがあります。.

標準ドメイン検証証明書(ポジティブSSL)は年間$ 14.95(RapidSSL)から始まりますが、年間最大$ 2,600の組織検証および拡張検証証明書もあります.

利点:

  • プラチナは、世界をリードするCAと提携しています(すべてのブランドはこちら)
  • 同じ場所で異なるCAから学び、比較し、購入する
  • 最高の価格保証– SSLストアは市場で最も安いSSL契約を持っています
  • SSL製品の専門テクニカルサポート(専用アカウントマネージャーを使用)
  • 30日間の返金保証
  • $ 24.99のエキスパートSSLインストールサービス

証明書の種類 & 価格:

  • 基本的なドメイン検証–年額$ 14.95から
  • 組織の検証(OV)–年額$ 30.40から
  • Extended Validation(EV)SSL –年額$ 59.99から
  • マルチドメイン–年額$ 74から
  • ワイルドカード–年額$ 59.99から
  • マルチドメインワイルドカード–年額$ 200から
  • コード署名–年額$ 82.67から
  • Eメール & ドキュメントの署名–年額$ 12.95

4. GoDaddy

GoDaddy SSL証明書GoDaddy SSL

GoDaddyは、初めての顧客に積極的な割引を提供するドメインレジストラーとして知られていますが、SSL証明書サービスも提供しています。多くの場合、SSL証明書はオンラインで数分以内に発行され、256ビットの暗号化が付属しています.

利点:

  • アドレスバーの南京錠
  • 無制限のサーバーを保護
  • セキュリティシールを表示する
  • 無制限の無料再発行
  • 24時間年中無休のセキュリティサポート
  • 最強のSHA2 & 2048ビット暗号化
  • 最大100万ドルの賠償責任保護

証明書の種類 & 価格:

  • 基本的なドメイン検証–年額$ 63.99から
  • ワイルドカードSSL –年額$ 295.99から
  • Extended Validation(EV)SSL – 159.99ドル/年から
  • マネージドSSL –年額$ 149.99から

5. GlobalSign

GlobalSign SSL証明書プロバイダーGlobalSign SSL

1996年に設立され、米国ニューハンプシャー州ポーツマスに拠点を置くGlobalSignは、市場で最も人気のあるSSL認証局の1つです。.

GlobalSignは、ウェブサイトの安全な接続、安全なeコマーストランザクションの実行、およびユーザーと顧客への完璧なコンテンツ配信を望むビジネスにクラウドベースのPKIソリューションを提供することにより、定評のあるアイデンティティサービス会社としての地位を確立しました。.

利点:

  • www.domain.comとdomain.comに使用する同じ証明書
  • SHA-256および2048ビットRSAキー暗号化の使用
  • 世界中で発行された250万以上の証明書
  • 2001年以来WebTrust認定CA
  • 無料のSSLインストールおよび管理ツール
  • 最大150万ドルの保証
  • ECCサポートが利用可能

証明書の種類 & 価格:

  • ドメインSSL-$ 249 /年
  • 組織のSSL –年額$ 349
  • 拡張SSL –年額$ 599
  • ワイルドカードSSL –年額$ 849

6. DigiCert

DigiCert SSL証明書DigiCert SSL

DigiCertのモットーは、「あなたの成功は信頼の上に成り立っています」です。これは、彼らがセキュリティをどれほど真剣に受け止めているかについての良い考えを与えるはずです。 SSLの革新に主に焦点を当てたDigiCertは、業界および商業のあらゆる道の信頼できるセキュリティパートナーになることを目指しています.

DigiCertはCA /ブラウザフォーラムの創設メンバーでもあり、新しいSSLテクノロジーの開発に関与している数少ない当局の1つです。それらが提供するSSL証明書は、OV証明書、EV証明書、さらには小規模ビジネスやWebサイト用のDV証明書です。.

利点:

  • 信頼できる企業– CA /ブラウザフォーラムのメンバー
  • www.domain.comとdomain.comの両方を保護する
  • 生涯無料の無制限の再発行
  • SHA-2アルゴリズムと256ビット暗号化
  • 証明書管理に利用できる無料のツール
  • 迅速な証明書発行–数時間以内
  • 受賞歴のあるカスタマーサポート

証明書の種類 & 価格:

  • 標準SSL-年175ドル
  • EV SSL –年額295ドル
  • マルチドメインSSL –年額$ 299
  • ワイルドカードSSL –年額$ 595

7.ソウテ

Thawte SSLThawte SSL

Thawteは、手頃な価格のSSL証明書と17年間の信頼性を提供することで知られています。 EV、OV、DV、SGC、ワイルドカード、さらにはSAN SSL証明書を含むSSL製品の包括的なリストを提供します.

低コストのSSL証明書プロバイダーとして、Thawte SSLプランはリーズナブルな価格で、年間最低価格は149ドルで、256ビット暗号化などの多くの機能が含まれています。追加料金でプランにワイルドカードを追加するオプションがあります.

利点:

  • 21日間のThawte無料試用版SSL証明書
  • 利用可能な会社のサイトシールロゴ
  • 無制限のサーバーに証明書をインストールする
  • 追加費用なしで無料の再発行証明書
  • 証明書の管理とインストールに役立つツール
  • 99%のブラウザ互換性
  • 最大150万ドルの保証

証明書の種類 & 価格:

  • SSL Webサーバー– 199ドル/ユニット
  • EV付きSSL Webサーバー– $ 299 /ユニット
  • SSL 123 – $ 149 /年
  • コード署名– $ 260 /ユニット

8. GeoTrust

GeoTrust SSLGeoTrust SSL

GeoTrustでは、EV付きのTrue BusinessID、True BusinessID、True BusinessIDワイルドカード、QuickSSLプレミアムを含む、いくつかのSSL証明書を選択できます。それらの中で、EVを搭載したTrue BusinessIDは、競争力のある価格で最高の保証と保証を備えた推奨SSL証明書です.

新興企業や中小企業は、GeoTrustの価格設定を魅力的だと思います。さらに、256ビット暗号化、拡張検証、10万ドルから150万ドルまでの保証、99%のブラウザー互換性、無制限のカスタマーサポートなどの多くの機能を提供します。.

利点:

  • GeoTrust 30日間無料トライアルSSL証明書
  • 短い証明書発行時間
  • 証明書管理コンソール
  • 最大256ビットの暗号化、2048ビットのルート
  • 利用可能な緑のブラウザのアドレスバー
  • 最大150万ドルの保証
  • 無料のSSLエキスパートサポート

証明書の種類 & 価格:

  • 真のBusinessID(OV)–年額$ 218
  • 真のBusinessID(EV)–年額344ドル
  • 真のBusinessIDワイルドカード(OV)– $ 688 /年
  • QuickSSL Premium(DV)– $ 149 /年
  • QuickSSL Premium Wildcard(DV)– $ 745 /年

9.委託

SSLを委託するSSLを委託する

Entrustは、さまざまな業界の幅広い範囲でセキュリティを提供する先進的な企業と考えています。これらは、トランザクションセキュリティ、安全なモバイル認証、そしてもちろんSSL証明書を必要とする人々にセキュリティソリューションを提供します。年間174ドルから​​の価格でEVおよびOV証明書を提供します.

利点:

  • SHA-2署名アルゴリズム
  • RSA 2048ビット/ 3072ビット/ 4096ビットキー
  • Webサイトの脆弱性に対する保護を含むセキュリティ機能
  • 無制限のサーバーライセンスと再発行
  • リアルタイムチェックによるサイトシールのセキュリティ
  • 証明書管理プラットフォーム
  • オプションのプラチナサポート24時間年中無休

証明書の種類 & 価格:

  • 標準(OV)– $ 174 /年
  • Advantage OV –年額$ 208
  • UCマルチドメイン–年額278ドル
  • EVマルチドメイン–年額373ドル
  • ワイルドカード(OV)– $ 609 /年

10.ネットワークソリューション

ネットワークソリューションSSLネットワークソリューションSSL

1979年に設立され、米国バージニア州ハーンドンに本社を置くNetwork Solutionsは、長年にわたってSSLサービスを絶えず進化させ、ユーザーに最低価格のSSL証明書を提供し続けています。特に複数年契約のSSL証明書に関しては、Network Solutionsは市場でより手頃な価格のいくつかを提供しています。たとえば、彼らのnsProtect Secure Expressは、2年間の期間で59.99ドルだけ引き戻します。比較すると、GoDaddyは同様のサービスを年間74.49ドルで提供しています.

利点:

  • 256ビット暗号化
  • 最大100万ドルを保証
  • 利用可能なサイトシールと閉じた南京錠
  • 99%のブラウザ認識
  • 利用可能な緑のアドレスブラウザバー
  • 24時間年中無休の実在のライブサポート
  • 標準発行時期

証明書タイプA& 価格:

  • Xpress(DV)– $ 59.99 /年
  • ベーシック(OV)– $ 124.50 /年
  • Advanced(OV)– $ 199.50 /年
  • ワイルドカード–年額$ 579.00
  • 拡張(EV)–年額$ 399.50

SSL証明書のコストを比較する

上記の10個のSSL証明書プロバイダーの料金表の概要は次のとおりです.

SSLプロバイダー
単一ドメイン、DV
最高レベル
もっと詳しく知る & 注文
SSL.com36.75ドル/年$ 319.20 /年ここをクリック
Namecheap$ 7.88 /年$ 167.50 /年ここをクリック
TheSSLStore$ 14.95 /年4,540.79ドル/年ここをクリック
GoDaddy$ 79.99 /年$ 369.99 /年ここをクリック
GlobalSign$ 249.00 /年$ 939.00 /年ここをクリック
DigiCert$ 399.00 /年年間2,785ドルここをクリック
ソウテ$ 199.00 /年$ 299.00 /年ここをクリック
GeoTrust$ 149.00 /年745.00ドル/年ここをクリック
委託する$ 174.00 /年$ 609.00 /年ここをクリック
ネットワークソリューション$ 59.99 /年$ 579.00 /年ここをクリック

最も安いSSL取引に行くべきですか?

安価なssl証明書の機能は、小さなウェブサイトやブログには十分すぎるほどです例– SSL.comの基本証明書には、自動検証(大幅な時間節約)、2048以上のBIT SHA2暗号化、99%のブラウザー互換性が付属しています–これらの機能は、小規模ビジネスのWebサイトやブログには十分以上の機能です.

安価なSSLは、高価なSSLと同じセキュリティを提供します。したがって、ほとんどの場合、「ブランド化された」SSL証明書を選択する必要はありません。.

高価なSSL証明書の購入を検討する必要があるのは、独自のソフトウェアを使用するデバイスでトランザクションを実行しようとしている大規模なeコマース企業の場合のみです。.

大企業はまた、デューデリジェンスプロセスの一環として、「ブランド化された」SSL証明書を選択する必要があります。これは、これらの証明書を発行する企業が、選択の正当化に必要となる可能性のある信頼できる実績を持っていることが多いためです。.

SSL証明書を購入する際のFAQ

⭐ SSL証明書が必要な理由

SSL証明書を使用する主な理由は、インターネット経由で送信されるデータが確実に暗号化されるようにするためです。したがって、情報の送信先のサーバーを除いて、誰もが情報を読み取ることはできません。これにより、ハッカーやサイバー泥棒がデータを盗むのを防ぐことができます.

⭐ SSL証明書の費用?

SSL証明書の価格は、証明書のタイプと保護するドメインの数によって異なります。単一ドメインの専用SSL証明書は、年間$ 7.88から始まります。無制限のサブドメインを保護するワイルドカードSSL証明書は、年間$ 72.88から始まります。ここで、さまざまなSSL証明書のコストと機能を比較できます.

⭐ウェブサイトにSSL証明書が必要ですか?

はい、Webサイト用のSSL証明書を取得することをお勧めします。検索エンジンは、SSLを使用しないWebサイトを「非セキュア」Webサイトとしてラベル付けするようになり、ランキングに影響を与える可能性があります。また、訪問者はデータが安全であることを訪問者が知っているため、SSL証明書があると訪問者の信頼を得ることができます.

⭐オンラインストアにはSSL証明書が必要ですか?

必須ではありませんが、オンラインストアにSSL証明書をインストールすることをお勧めします。 SSL証明書は、顧客データ、機密情報、支払いの詳細などを暗号化し、転送中に保護されます。 Webサイトを保護するだけでなく、SSL証明書をインストールすることにより、顧客の信頼を獲得し、安全で安全なオンラインショッピングを促進するのに役立ちます.

⭐無料のSSL証明書と有料のSSL証明書の違いは何ですか?

無料のSSL証明書と有料のSSL証明書のセキュリティに違いはありません。両者の主な違いは、証明書の種類、検証のレベル、サポート、および保証の点です。たとえば、無料のSSL証明書はドメイン検証(DV)にのみ付属しており、保証はありません。一方、有料のSSL証明書は必要なすべてをカバーしています.

これは、SSL証明書でもさまざまな価格設定が関係する場所です。有料のSSL証明書の保証は、数千ドルから200万ドルまでさまざまです(私たちの知る限り、DigiCertだけがこれを高くしています)。.

⭐どのSSL証明書が必要ですか?

小さなWebサイトやブログを運営している場合は、DV証明書で十分です。ウェブサイトで金融取引を行っている場合は、アドレスバーが緑色に変わるEV証明書を取得することをお勧めします.

⭐無料のSSLは安全ですか?

はい、無料のSSL証明書を使用するリスクはありません。ただし、無料のSSL証明書には、期間が限定されているなどのいくつかの欠点があり、ドメインのみが検証され、会社からのサポートはなく、保証もありません。オンラインストアを実行している場合、無料のSSL証明書は適切な選択ではない可能性があります.

*翻訳:EN ID

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map